海外旅行保険の契約手続き(保険料支払い)と携行する重要書類

出発日が近づいてきました。

必要な書類を再チェックしましょう。

ここまでフリーカメラマンの私の経験に基づいて、縷々お話した内容はお役に立ったでしょうか。

いよいよ海外旅行保険契約手続きです。

このセクションは保険加入の最終案内みたいなもの。

決めた保険プランで保険契約(保険料支払い)です。

海外旅行保険の契約は保険代理店との対面または、インターネットによるWEB契約があります。

私は仕事の関係上、取引のある代理店担当者に事務所まできてもらい、契約書類に署名捺印、保険料をその場で現金払い。

知人のなかには、全てインターネットで手続き、支払いはクレジットカード決済という人もいます。

どちらが良いとはいえないので、保険代理店とつきあいのない方はWEB契約が便利です。

また、旅行会社のパックツアーでは保険申し込みも受け付けてくれるので、旅行費用支払いと同時に契約できます。

いずれにしても海外旅行保険の契約成立には、保険料が保険会社指定日までに支払われている必要があります。

海外旅行保険の保険契約が成立すると、1週間程度で保険会社から保険証券が届きます。

証券には証券(契約)番号と、保険契約項目が全て記載されています。

併せて、保険約款やポケットガイド(保険会社によって呼称はまちまち)も届きます。

ポケットガイドには、旅行中の万一の時の連絡先(サポートセンターなど)が記載されています。

旅行先ではパスポートともに常時、証券(コピーでOK)とポケットガイドを肌身離さず携行しましょう。

ちなみに、証券のオリジナルを紛失しても保険契約は有効です。

ところで、ネット契約では証券やポケットガイドが発行されない海外旅行保険がありますが、契約成立後に画面上に「契約確認書」

が表示されるはず。

必ず印刷して旅行時には携行しましょう。

併せて、万一の際の連絡先も必ず控えておきましょう。

ここでは、現地で事故などに遭ったときに最も重要である「速やかにサポートセンターに連絡する」

ことと「オペレータの迅速な対応には証券(契約)番号が必要」

なことを意識してください。

それでは、ご旅行の無事を心から願ってこのあたりでペンを置きます。

ありがとうございました。


Comments are closed.